本格的な冬山にチャレンジしてみよう!

赤岳登頂と雪上講習

4万円+諸経費 1泊2日 定員2名

八ヶ岳の最高峰、赤岳は冬山を学ぶ上で最適な環境が揃っています。

1日目に赤岳鉱泉周辺でアイゼン講習を行い、学んだ技術を2日目の赤岳に活かして赤岳の山頂を目指します。


バリエーションルート入門

赤岳南峰リッジ 

4万5千円+諸経費 1泊2日

名前の通り最後は赤岳南峰にダイレクトに突き上げます。雪壁や簡単な岩登りをして赤岳の山頂に立つ好ルートです。


横岳の簡単バリエーションルート

大同心稜から横岳

4万5千円+諸経費 1泊2日 定員2名

横岳を大同心稜から登るコースです。

赤岳鉱泉へ登る北沢登山道から見える大同心と小同心の間のルンゼを登ります。

「あんなところから横岳に行けるんですか!?」と驚くことでしょう。


静かな登攀が楽しめるルート

阿弥陀岳南稜

4万5千円+諸経費 前夜集合日帰り 定員2名

八ヶ岳のバリエーションの中では比較的空いていることが多く、静かな登攀が楽しめるのが阿弥陀岳南稜です。阿弥陀岳の山頂から登ってきた南稜を振り返ると、充実感に満たされることでしょう。


八ヶ岳の人気バリエーションルート

阿弥陀岳北稜

5万円+諸経費 1泊2日 定員2名

八ヶ岳のバリエーションルートの中でも人気が高いのが阿弥陀岳北稜です。美しい雪稜と岩稜を越えて阿弥陀岳の山頂を目指しましょう。


独標から先の世界へ行ってみよう!

西穂高岳

5万円+諸経費 1泊2日 定員2名

西穂独標から先は滑落や道迷いのリスクが大きく、多くの登山者は西穂独標で引き返しており、西穂高岳まで行く登山者は少数です。西穂独標から先へぜひ行ってみましょう。


涸沢から登れるお勧めの山

奥穂高岳と北穂高岳

6万円+諸経費 2泊3日 定員2名

涸沢の山小屋がオープンする4月下旬を境に穂高連峰は本格的な残雪期のシーズンに入ります。その中でも涸沢をベースに登れる2つの山を登ってみましょう。


剱岳の初登ルート

長次郎谷から剱岳

6万円+諸経費 2泊3日 定員2名

映画「点の記」にも描かれている剱岳の初登ルートで使われたのが長次郎谷です。夏でも登れますが、長次郎谷左俣の雪渓が安定している残雪期がオススメです。


夏とは比較できない難しさ

富士山吉田口

5万円+諸経費 1泊2日 定員2名

夏のシーズン中は多くの人で賑わう富士山ですが、冬になると状況は一変します。

寒さと風、長時間の登降に耐えられる体力と精神力が必要ですが、眼下に広がる世界に大きな感動が得られると思います。


黒戸尾根の魅力は冬!

甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根コース)

5万円+諸経費 1泊2日 定員2名

黒戸尾根は「長そう」「大変そう」というイメージを持っていると思います。ですが、冬期に小屋泊で甲斐駒ヶ岳を登る場合には欠かすことが出来ないコースです。よく刃渡りが危険と言われますが、それ以外にもクサリやハシゴが続く箇所があり気が抜けません。


日本第二の高峰を厳冬期に!

北岳

8万円+諸経費 3泊4日(テント泊) 定員2名

北岳と言えば広河原から登るイメージがありますが、冬は池山吊尾根から登るルートが一般的です。長い林道歩きがあり、ボーコン沢の頭までは単調な道ですが、それを過ぎると雪を纏った美しい北岳が迎えてくれます。