妙義


北アルプスの難所より危ない・・・かも。

表妙義縦走

3万円+諸経費 前夜集合日帰り 定員2名

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■集合時間と場所

(電車)  信越本線松井田駅    20時50分

(マイカー)登山口周辺の宿泊施設  21時頃

※宿泊は登山口周辺の宿を予定しています。

※山行当日に来られる方は『道の駅みょうぎ』に6時45分にお越し下さい。

 

■解散時間と場所

(電車)  信越本線松井田駅 17時00分

(マイカー)道の駅みょうぎ  16時30分

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■ルートについて

表妙義は標高が低いので秋の終わり頃まで登れるバリエーションルートです。

アップダウンと危険箇所が連続するので、1日を歩き終えて中ノ獄神社に下りた時には大きな充実感を味合うことが出来るでしょう。

 

1日目(歩行時間無し)

信越本線松井田駅に集合後、妙義神社周辺の宿(ひしや旅館など)で前夜泊をします。

 

2日目(歩行時間約9時間)

妙義神社〜大の字〜白雲山〜相馬岳〜鷹戻しの頭〜中ノ岳〜中ノ獄神社

 

■難易度について

クサリが全体的に整備されているのでクライミングの経験がなくても登ることはできますが、クサリ場の登り降りをスムーズに行えることが重要です。

標高は低いですが、全体を通してアップダウンが連続するので体力は必要です。

  

■実施時期について

10月下旬〜11月下旬頃(紅葉が綺麗な時期は11月上旬頃です) 

 

■お問い合わせ・お申し込みについて

『お申し込みについて』からお問い合わせ下さい。